トップ画像

<活動状況>

 新潟県支部は会員が受託する保安管理業務をサポートし、公益活動や技術研修を積極的に進めて会員相互の連携を保ちながら日々進歩発展をモットーに展開しています。

 お客様に対しても随時保安教育説明会等を実施し、外部機関からの要請では毎年「第1種電気工事士定期講習」に講師を派遣するなど電気事業の発展に寄与しています。

 長年の功績が認められ、数々の賞で表彰される会員の方もおられます。

 東日本大震災の影響による電力不足の際は、お客様に節電に関するサポートを行いました。

 

○総  会(年2回)
○役員会(年3回)
○各部会(年3回)
○技術研修会(年1回)
○新入会員研修(隔年1回)
○社会貢献活動(年1回)
○各種講習会への講師派遣(随時)
○広報誌「支部だより」の発稿(年2回)
○自家用波及事故防止委員会への参加(随時)
○関連機関との意見交換会(随時)

○研修見学会(随時)

 

 


平成29年度通常総会

 


<社会貢献活動>

第1種電気工事士の定期更新講習には毎回講師を派遣しています。また 選任事業場の電気技術者対象に、各種測定試験の実技講習も行いました。
中越地区はニ度の震災を受け、そこでの体験を知って頂く為、実務対応を 他の電気管理技術者協会に講師を派遣し講演しました。
不定期で、受託先の養護施設を中心に照明設備等の清掃奉仕を実施して 来ました。また、地域要請にも応じて清掃奉仕を実施しました。養護施設では 普段手の届かない照明器具の掃除を行い、施設の方々にも、大変喜ばれま
した。

過去3年分
平成25年 特別養護老人ホーム 「ばんだい桜園」 新潟市
平成28年 選任事業場技術者 測定実技講習開催 新潟研修センター 柏崎市
平成29年 選任事業揚技術者 測定実技講習 新潟研修センター 柏崎市
お客様電気保安教育研修会 新潟テルサ 新潟市
   
 

 

平成25年度「ばんだい桜園」にて

平成28年 測定技術講習会
平成28年 測定技術講習会
平成29年お客様電気保安研修会 平成29年お客様電気保安研修会
平成29年 測定技術講習会
平成29年 測定技術講習会

<各種研修会の開催>  

 
 会員の技術水準維持のため、業務に関連する技術のメーカー講習を定期的に開催しています。
 関係法令改正に係わる説明会や納税申告に係わるテーマも選定し、会員の経営実務をサポートしています。

過去5年分
平成25年度 ・太陽電池故障発生事例と故障個所検出器について
・デマンド監視装置について
・施設見学研修会
平成26年度 ・LED照明の現状と課題
・東北電力様 高圧契約などの説明他
平成27年度

・高圧ケーブルの診断方法について
・保安管理者の為の太陽光発電設備と系統連系について
・微量PCB処理に関する最近の動向について
・施設見学研修会

平成28年度 ・OC・GRの保護協調について
・安全作業のKYT
平成29年度 ・こんな高圧絶縁監視は可能か
・高調波障害の原因
・認知症とその予防について
・予防体操(筋力訓練)本部定期技術研修会
 ・高圧受電時の技術チェック内容
 ・関電事故撲滅に向けて
 ・高圧受電時の技術チェック
 ・体験発表

 

 
  原発見学会 原発見学会
 
  筋力訓練 技術講習
   
  定期研修会  


<新会員研修>

新入会員に向けた研修は技術者としての技術研鑽に併せ、協会員として、事業主として業務全般の初期支援を実施しています。

 新潟県支部研修センターで、VCB等の機器を実際に使用して、測定試験を行います。

 実機を使用した測定器の使用訓練が可能なので、新人会員には好評です。

  

  ○新会員研修 : 平成18年(10名) 、 平成20年(6名) 、 平成22年(8名)、平成24年(8名)

              平成26年(5名) 、 平成27年(6名) 、 平成28年(5名) 

 

新会員研修(各種継電器実習)

新会員研修(座学)
研修センターでは、電気機器の現物をみながら座学

新会員研修(昇柱訓練)
研修センターでは、昇柱訓練も可能です。

新会員研修(昇柱訓練) 新会員研修(昇柱訓練)

新会員研修(各種継電器実習)



 

<広報・情報交換>

お客様に対しては協会本部が発行する広報資料「電気と管理」を配布して電気事故防止の広報活動に努めています。

会員に対しては日常業務において集まる種々の情報を集約し、随時情報交換としてフィードバックします。また、年間3期毎に「新潟県支部だより」を発行して内部広報を充実させています。

 

情報交換 : カラス営巣写真
「産卵寸前でした。卵があると鳥獣捕獲の許可がいるらしいとか!」

情報交換の一例 :区分開閉器リード線不良
「海岸近くにある事業場、塩害の為、管理に気を使います」



<関連機関との意見交換会>

東北電力鰍ェ主催する自家用波及事故防止委員会に協力し、各地の営業所とも定期的に意見交換会を開催して電気保安の維持発展に寄与しています


自家用波及事故防止委員会